ジャムウハーバルソープ洗おう【お肌が敏感で弱い人も安心】

生理前に起こるつらい悩み

困る女性

生理前に発症

生理前に発症するPMSは、女性の中でも症状は人それぞれでひどい人もいればあまり感じずに過ごすことができる人もいます。症状がひどい人は、生理の1週間から10日ほど前からあらわれてきます。そして生理が始まればPMSは治まりますが、そこから生理痛や生理から発祥する症状に悩まされる人が多いのです。生理前にPMSにかかり、生理が始まれば生理の症状に悩まされ、終われば1週間ほど安定しながら、その後またPMSにかかってしまうという、女性は生理に対してつらい症状に悩まされております。その症状は、身体的なものでは身体のだるさ、疲労、むくみ、体重の増加、肌荒れなど、精神的なものでは情緒不安定、モチベーションが下がる、集中できない、突然悲しく泣いてしまうなどがあります。普段は何事もなく暮らすことができていたのに、その時期になると突然降ってきたかのように身体の異常を感じます。PMSは、生理前に発症するものということはわかっていますが、実はなぜ発症するのかハッキリとした原因はわかっていません。仮定としてでは、ホルモンバランスの乱れから発症するのではないかと考えられています。症状に悩む人は婦人科で診てもらい、ひどい人は処方された薬を服用して治していきます。しかしその薬が会わない人やアレルギーが出てくる人もいます。そのような人は、なるべくストレスを溜め込まないようにするか、ストレスを感じても発散することができるような方法を週感づけることが大切です。